消費者金融で総量規制対象外のところはある?

MENU

消費者金融で総量規制対象外のところはある?

消費者金融からお金を借りる場合には、総量規制のことを考える必要があります。小額の借入なら問題ないかもしれませんが、まとまった額の借入を検討する、あるいは既に他社から借入があり合わせるとまとまった額になるという場合には、法的に自身の年収の3分の1を超えない範囲に収めなくてはなりません。

 

かつて総量規制が導入される前まではこうした借入れ額の法的規制がなかったため、消費者金融の審査だけで返済能力を超えるような貸付けも日常的に行われていました。今は法によりそれが規制されているので過剰な借入ができないよう利用者は守られています。しかし、借りられる額に自由がなくなったことで不便になったと感じる方もいるでしょう。

 

では、消費者金融で総量規制対象外のところはあるのでしょうか?これは、厳密に言えばいろいろあるのですが、ざっくりと言ってしまえば「ありません」。消費者金融は貸金業者です。総量規制は改正貸金業法に定められている法律であり、貸金業者は貸金業法の適用下にあります。総量規制には除外や例外貸付けがあるため、そういった貸付けに限れば総量規制対象外とも言えますが、基本的には総量規制の対象となります。またさらに厳密に言えば、消費者金融が総量規制の対象になるのではなく、消費者金融など貸金業者が行う個人向け貸付けだから総量規制の対象となるのです。

 

通常のカードローンで総量規制の影響を受けずにお金を借りたいのであれば、やはり総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことになるでしょう。

 

また、登録された正規の消費者金融の場合には貸金業法に基づいた貸付けを行います。もしも消費者金融の貸付けでありながら法律を守らずに総量規制の範囲を超えるような返済能力を超える過剰な貸付けを行っているところがあれば、それは違法業者の可能性がありますので絶対に利用しないよう注意してください。