専業主婦が利用するなら総量規制対象外カードローン

MENU

専業主婦が利用するなら総量規制対象外カードローン

原則個人の年収の3分の1までに借入が制限されるという総量規制の導入により、自身に所得収入がない専業主婦の場合には消費者金融からお金を借りることができなくなってしまいました。しかし、総量規制には「例外貸付け」があり、そこでは配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けは可能となっています。ではなぜ専業主婦は消費者金融でお金を借りられないのでしょうか。

 

この例外貸付けは「配偶者貸付け」と呼ばれるものなのですが、この配偶者貸付けには夫の同意と住民票など夫婦関係を証明する書類の提出が必要となります。提出する書類が多く、業者側としてもそれを確認する手間とコストが増えてしまうため、現在の消費者金融では契約者本人に収入がないと申込ができない、つまり専業主婦の申込自体を受け付けていない状況になっています。

 

総量規制の導入によりこのように専業主婦の方がお金を借りることができなくなってしまったことから、総量規制対象外の銀行カードローンが積極的に専業主婦の方に対して貸付けを行うようになりました。こちらでは契約者に収入がなくても、配偶者に収入があれば貸付けが可能となっています。契約者本人に収入がないため、専業主婦への貸付けは利用限度額が制限されているケースがほとんどで、最高30万円から多くても50万円程度の設定額となっています。

 

ただし、どの銀行カードローンでも専業主婦への貸付けが可能というわけではありません。もともと銀行カードローンは審査が厳しい傾向のあるカードローンです。そのため、なかには学生やパートの利用不可というものもあります。専業主婦でお金を借りたいという方は、専業主婦の申込が可能かどうか公式サイトで確認した上で申込するようにしましょう。