銀行カードローン以外で総量規制対象外はある?

MENU

銀行カードローン以外で総量規制対象外はある?

総量規制対象外のカードローンといいますと、銀行カードローンが代表的であり知られていると思いますが、銀行カードローン以外にも総量規制対象外のカードローンというのはあるのでしょうか。

 

総量規制は貸金業者が対象となるため、貸金業者以外の金融機関の行う個人向け貸付けならば総量規制対象外といえます。では銀行以外ではどういったところがそれにあたるかといいますと、地方銀行のカードローンもそうですし、信用金庫や労働金庫、農協などの金融機関が提供するカードローンも総量規制対象外です。ではなぜ「総量規制対象外のカードローン」としてとりあげられるのが銀行カードローンばかりで、それ以外は全然紹介されていないのでしょうか。その理由の一つとして、融資審査があげられます。

 

一般的にですが、労働金庫や農協などの金融機関のカードローンというのは融資審査が厳しく、審査回答がでるまでにも時間がかかる傾向にあります。銀行カードローンも審査が厳しく時間がかかるし同じなのでは?と思われるかもしれませんが、銀行カードローンよりも低金利なろうきんのカードローンなどは、各地域によっても異なりますが、仮審査の結果が出るまでに1週間、審査に通って契約が済んでからカードが届くまでに2週間など銀行と比べてもかなり時間のかかる傾向にあるのです。ろうきんの場合には利益を目的とする融資ではないため、審査を甘くする必要もないことから審査が慎重で厳しくなるのだと言われています。

 

確かに総量規制対象外であり大変魅力的なカードローンでもあるのですが、消費者金融で借りられない方が代わりに借りられるところ、と探しているときに、このようなハードルの高いカードローンを紹介されても現実味がありませんよね?審査に時間がかかるうえに審査が厳しくて借りられるかどうかもわからないカードローンというのでは、借りられる方は非常に限られてしまいます。

 

銀行カードローンも審査は確かに消費者金融に比べれば厳しいし時間も多少かかりますが、2?3営業日程度で借りられるところも多いですしまた即日融資可能なところもあります。融資に積極的なところも出てきていますし、総量規制対象外として紹介するにあたってはハードルの高さとしてもスペックとしてもあっているというわけです。