クレジットカードのキャッシングは総量規制対象外?

MENU

クレジットカードのキャッシングは総量規制対象外?

お金を借りる方法として、カードローンのほかにもクレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングというものがありますが、実はこのクレジットカードのキャッシングの場合にも総量規制は関係してきます。そもそも総量規制は貸金業者に適用される法律です。貸金業者は消費者金融のほかクレジット会社、信販会社などが該当します。クレジット会社のキャッシング利用は、貸金業法下になり、総量規制の計算に入るのです。

 

そのためもしもカードローンではあまり利用していなくても、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りていれば、お金を融資してもらえる金額は減ってしまいます。ここで、「クレジットカードのキャッシング枠はあるけれど使っていないから関係ない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに、カードローンの申込みの際、実際に借入がない状態でしたら申込書に記載する必要はないのですが、借入がない状態だからといって審査に関係してこないわけではありません。

 

どういうことかといいますと、現在は借入がない状態だったとしても、限度枠としては持っているため限度枠いっぱいまではいつでもお金を借りることができる、と判断されてしまうことがあるからです。クレジットカードが1枚程度でしたらそう問題はないかもしれませんが、クレジットカードはキャンペーンでポイントがたまるからなどとついつい使わないのに作ってしまうことがあるかと思います。そうなりますと、不要なキャッシング枠をいくつも抱えていることになます。不要なキャッシング枠はゼロにする、また不要なカード自体解約するなど一度整理しておくとよいでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の影響を受けるといいましたが、同じ一枚のクレジットカードでも、ショッピング利用の場合には総量規制対象外です。リボ払いや分割払い、ボーナス払いには別途割賦販売法という法律の適用になり、貸金業法は適用されませんので、年収の3分の1の借入がある場合でもクレジットカードでの買い物は可能となります。